晩ご飯& 私の迷いを吹き飛ばした写真

おはようございます☆

雨の土曜日
雪がまだらに消えて、現実に戻りつつあります。
それもまた良し、庭の植物の新芽が見えました。
夫の多忙は家を変わっても変わらないのですが、私の気持ちには余裕があります。

昨夜の晩ご飯です
b0312736_21025166.jpg
おでん
玉子・ちくわ・じゃがいも・里芋・牛すじ肉・手羽先・大根・餅入り巾着・平天・丸天
つみれ・コーン入り練り物・こんにゃく・厚揚げ

b0312736_21020994.jpg
水菜の酢の物

b0312736_21015827.jpg
白菜漬け

一昨日の予定のおでんです
屋台ごっこ、熱燗で
カンパイ!!
ごちそうさん♪


四人姉妹のグループLINEにこんな写真が送られてきました。
b0312736_20352632.jpg
息子が抱いているのは、妹3の息子くんです。
26年前、母の還暦と息子の送別会を兼ねた祝賀会を松江で開きました。
その時の写真ですが、私は初めて見ました。
甥は来月結婚式を挙げます。
b0312736_08551479.jpg
父もにこやかに、息子を送るため空港での一コマです。
みんな何の屈託もなく、この幸せがいつまでも続くかのように思っていた頃...
「もう2度と見られないけれど、この一瞬を共有できた家族がいることに感謝です」
妹3が記した言葉です。

その後26年の間に両親や私たち姉妹も大きな変化がありました。
ですが妹が記したように、すべてこの一瞬の延長線上なんですよね。
記憶としてはあるのですが、つい直近の事のほうへ気持ちが行ってしまいがちです。
妹3が息子の結婚式に使うために数枚用意した中の2枚です。

私の迷いを吹き飛ばした写真でした。
歳月の流れは、時として自分の想いで思い出さえも変えてしまうことがあるんですね。
私の問いに対する息子の答えがわかりました。
絡んだ糸を自分の手でほぐし始めると、いとも簡単にほぐれるんですね。

当たり前ですが歳月は確実に流れています。
姉妹の中で私の環境が一番激変したのですが、親子関係の気持ちに変わりはなく
昨日は孫娘のお誕生日、2/4夫と諍いをした日は孫息子のお誕生日
おめでとうコールは、穏やかな65歳のおばあちゃんの声

山あり谷ありできた私の心の裡にやっと本気で終止符が打てそうです!
この話はこれでおしまいです。

今日もお立ち寄り下さりありがとうございます!

ご訪問ありがとうございました171.png
読んだよのワンクリックをしていただけると喜びます110.png

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
b0312736_08264989.jpg
162.png162.png162.png

by mamoei | 2018-02-10 08:48 | 両親

夫と2ワンズ、毎日の夕飯を中心にのんびり生活を綴っていきます(*^_^*)


by マモエ