携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 2017年 09月 15日 ( 1 )

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 平和の祈り

こんばんは⭐️

水曜日は、原爆資料館や平和公園に行きました。
広島で暮らすようになり、これまで以上に原爆の被害に目を向けるようになりました。
火曜日の夕食も地元の小さな小料理屋さんに伺いました。
そこの大女将は現在77歳で、5歳のときに被爆されたそうです。

その記憶は今も鮮明にあると仰っていました。
美味しい食べ物もその一瞬で吹き飛んでしまい、乾パンをふやかした物が常食になったそうです。
お話の最後に「二度とあんな世の中にしてはいけない」とおっしゃいました。

b0312736_08241760.jpg

b0312736_08243603.jpg
煉瓦色の長崎市歴史民俗資料館
ここに入って原爆資料館に向かいます。

b0312736_08245541.jpg
原爆資料館にはこの螺旋道を下りて行きます。

b0312736_08251675.jpg
1945年8月9日 午前11時2分
原爆が投下された時間で止まっている時計です。

b0312736_08253183.jpg
煉瓦色の浦上天主堂(これは再現です)
浦上天主堂は爆心地から近く、多くが破壊されました。
ここから資料館がはじまります。
この日は小学生の修学旅行だったのでしょう。

みんな真剣に案内人の方の話に聴き入り、熱心にメモをとる子が多く見られました。
資料館の最後に、一枚の写真があり、私はそれに目を奪われました。
小学校低学年くらいの男の子が、背中に赤ん坊を背負って真剣な眼差しで前を見つめています。
「起立!」の姿勢で、手をまっすぐにおろしその指の先まで力が入っているのがよくわかります。

背負われた赤ん坊は、首を後ろに垂れ眠っているようですが・・・死んでいたのです。
その赤ん坊を焼くためにその少年はそこに立っていました。
彼は決心してその赤ん坊を横たえます。
必死に唇を噛み締めたのでしょう、唇に血が滲んでいたということです。

資料館を出て、平和公園に向かいました。

長い長いエレベーターに乗ります。

b0312736_10293822.jpg

そして最初に
b0312736_08262756.jpg
平和の泉です。

b0312736_10295435.jpg

b0312736_08255344.jpg
平和の鐘がある平和公園です。

b0312736_08260620.jpg
平和祈念像です。
高さ9.8m台座3.8m
天を指す右手は「原爆の脅威(長崎の過去)」を、水平にのばした左手は「平和(長崎の未来)」を示し、
軽く閉じた瞼は戦争犠牲者の冥福を祈っています。


北朝鮮問題で世界が不穏な動きになっています。
「目には目を歯には歯を」の精神からは真の平和は生まれないと思います。

今日もお立ち寄り下さりありがとうございます!

ご訪問ありがとうございました176.png

どうか明日も晴れて、明るい世の中でありますように!
b0312736_10302345.jpg
162.png162.png162.png

by mamoei | 2017-09-15 23:28 | 仕事の旅 | Comments(2)