晩ご飯&「我が家流の家族」

おはようございます☆

曇っていますが晴れてくるとの予報です。
キッチンを使いやすく替えてから、私らしく調理が楽しくなってきました。
そうなってきて、イライラや不満も解消されています。
やはりキッチンが基本のようです^^

昨夜の晩ご飯です

b0312736_21213614.jpg
大きなハンバーグ
作りながらお味付けを変えました
トマトピューレを使う予定でしたが、大根おろしと大葉にお醤油を垂らし和風に
付け合せの野菜もだし醤油で決めます
人参グラッセだけは変えようがなく
b0312736_21214448.jpg
ご飯とお味噌汁
美味しい沢庵

b0312736_21222839.jpg
これをいただくため和風に^^
夫のお土産です
b0312736_21223788.jpg
磨き50%
私の好きなお酒です

b0312736_21221898.jpg

ハンバーグ定食
( ^^)/ロ≧☆チン!≦ロ\(^^ )
ごちそうさん♪



8年前に再婚をした友人は、再婚して一度も家庭を持った子供たちと食事をしたことがないそうです。
私よりまだ若い彼女ですが、「これから先あと何回子供たちと食事ができるかわからないのに寂しい」と。
できない理由は、旦那さまへの遠慮だそうです。
旦那さまも知っていますが、とても優しい方でそのくらいのことをとやかく言う人には思えません。

彼女も誰に対しても気を遣う優しい女性です。
「子供たちと食事ができない」という寂しさを8年間も抱えてこられたのだと思うと、胸が詰まりました。
傍から見れば、簡単に解消できるような悩みに思えるかもしれません。
ですがただ食事ということではなく、そういうことから子供一家との隔たりを感じて寂しく辛いんではないかと思います。

私も再婚ですから、彼女の気持ちはよくわかります。
夫と子供たちの血の繋がりはないわけですから、最初から自然な親子関係なんて期待していませんでした。
それに子供たちには父親は居て交流もしていますし、夫に父親のように接してほしいなんて思ったこともありません。
息子一家と食事をしたり誕生会をしたり、遊びに行ったり泊まったり・・そういう交流をしていますと

我が家の場合は15年経ち、「我が家流の家族」になってきたのだと思います。
特に次男は父親は三男一家と同居していますので、我が家のことを実家と言います。
もちろんそれぞれが小さな気を遣いながら関係を保っていると思うのですが、それは子供が家庭を持ったら大なり小なり普通でもあることだと思います。
そういう意味でも食事を共にするというのは、「同じ釜の飯を食う」と言われるように大事なことなのかもしれませんね。

今日もお立ち寄り下さりありがとうございます!

ご訪問ありがとうございました175.png

b0312736_07500738.jpg
162.png162.png162.png

by mamoei | 2018-04-27 07:58 | 家族

夫と2ワンズ、毎日の夕飯を中心にのんびり生活を綴っていきます(*^_^*)


by マモエ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30